スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲田に行きました。
青春エコドリームで東京駅まで往復し、東京-蒲田は大回り乗車をしました。
行きは東京→八王子→東神奈川→蒲田で、帰りは蒲田→川崎→立川→八王子→高麗川→倉賀野→上野→東京です。
中央特快・快速アーバンは乗った事がありますが、横浜線快速・南武線快速は初めてで、やはり速達列車があるのは良いと思いました。
高麗川→倉賀野はキハ110系1両×3で、乗客はあまり多くなく、東武線の乗客もあまりいなかったので、鉄道利用者があまり多くなさそうで八高線全線電化は無さそうだと思いました。

行きも帰りも八王子のいろり庵きらく八王子店で食事をしました。
行きはとりもつ煮セット(620円)麺大盛り(120円)を、帰りは武蔵野うどん(480円)麺大盛り(120円)を食べました。
とりもつ煮はみたらし団子のたれみたいな味がしました。
砂肝・肝臓ばかりで、心臓が無かったのが残念です。
武蔵野うどんは太くて堅く、なかなか良かったですが、値段が高めです。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ちはやふる第5話を見ました。
東京の主人公達が福井の友達に会いに行く話です。
途中の移動の様子が描かれていて良かったです。
移動手段が定番の米原ひかり→しらさぎの乗り継ぎでした。
米原で主人公が走ろうとして友達が走らなくても間に合うと言う場面がありました。
乗り継ぎ時間には余裕がありますし、しらさぎも乗り継ぎ客を待ってくれますが、実際に米原で走る人がそこそこいます。
走る人達はしらさぎでは指定席を買っていないのかもしれません。
ちなみに、米原ひかりやしらさぎが遅れた時は改札を開放して乗り継ぎ客はほぼ全員が走ります。
福井では芦原温泉で下車していました。
芦原温泉の駅の様子やしらさぎの様子もよく描かれていました。
帰りの時には芦原温泉での接近メロディも流れたのが良かったです。
北陸が舞台だとサンダーバード・しらさぎ・はくたか・北越の出番が多いです。
さすがに普通列車の描写は無いようです。
花咲くいろはではのと鉄道の普通列車がなぜか金沢まできていたようですが、臨時列車だったのでしょうか。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

読売新聞の記事でみなとみらい線の事が書かれています。
座る為に逆の列車に乗り、比較的混雑しない駅から乗る折り返し乗車についてです。
関西でも座る為に十三から梅田まで行ったり朝霧から明石まで行ったりする人がいます。
これらは不正乗車ですが、鉄道に詳しくないたいていの人はそう思わなかったり思っていても何が不正なのかよく分かっていなかったりしていそうです。
自動券売機で買う切符は「A駅→X円」となっている事が多く、X円の区間の駅で降りるならばどのように乗っても良いと勘違いできる文面になっています。
このような文面になっているのは煩雑さを避ける為で、本来の乗車券というのはA駅→B駅と発駅と着駅が明記されていて、経由路線も明記されています。
みどりの窓口で乗車券を買うとそれがよく分かります。
乗車券とはA駅からB駅まで指定の路線で輸送するという契約書みたいなものであり、券面以外の輸送は含んでいません。
ですから、券面以外の区間を乗ろうとするなら、その区間の乗車券が別途必要です。
B駅まで行く為にX円の乗車券を買ったならば、折り返し乗車はできません。
そもそも、片道乗車券では区間の重複はできないので、その意味でも折り返し乗車は不正といえます。
うたたねなどで乗り過ごして折り返した場合も本来は不正になりますが、温情で許してもらっているだけです。
折り返し乗車の取り締まりは難しいだけでやってよい訳じゃないので、しっかり理解してほしいです。
取り締まられないからやるというのはモラルが低いと言わざるを得ません。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

新快特急

Author:新快特急
鉄道・ゲームが好きな関西人です。
鉄道では主に関西私鉄や全国JRが好きで、ゲームでは主に遊戯王やポケモンなどの様々な卓上ゲームやテレビゲームをやっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。