スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MJ4evoの半荘戦で大三元をあがりました。
東一局零本場 西家 ドラ九筒
配牌:二筒・四筒・四筒・七筒・一索・六索・九索・六萬・西・北・白・発・発
(二索→北)(北家の発ポン→九索)(中→西)(二筒→六索)(三筒→六萬)(一索→二索)
(白→一索)(八萬→同じ)(四索→同じ)(東家の白ポン→一索)(四索→同じ)(東家の二筒ポン→七筒)
(中→三筒)(中ツモ)
和了形:四筒・四筒・中・中(二筒・二筒・二筒)(白・白・白)(発・発・発)中

配牌の時は発を鳴いて筒子の混一色を考えましたが、発のみであがる可能性が高いと思いました。
発をポンして中をツモった時に少し大三元を考えましたが、聴牌する前に白・中を切られると思いました。
白を切られてから白をツモったので、白を刻子にするのは大変そうだと思いました。
白をポンしてから南家が三筒を切りましたが、それをチーして聴牌しても中でロンあがりするのは難しそうですし、大三元を考えてチーしませんでした。
中をツモって聴牌しましたが、四筒1枚は他家が持っていましたから、実際のあがり牌は3枚でした。
大三元でなくても筒子の混一色がばればれですから、ツモるしかないと思っていたらすぐツモりました。
仮に四筒であがっても倍満で高い点数でした。
他家では1人が聴牌していましたが、役無しで立直していなかったので、大三元をあがるまでの時間が有ったんだと思います。

今日の前半ではよく親かぶりをする、先に立直しても他家の満貫などに振り込む、立直していなくても当たり牌をつかみまくるとかなり運が悪かったですが、後半では立直して一発でツモる事が多く、大三元をあがった試合でも一発でツモる事が多いなど運が良かったです。
運には偏りが有るものですが、あまりにも偏りが有りすぎると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 麻雀
ジャンル : オンラインゲーム

MJ4evoで四暗刻をあがりました。

南三局零本場 ドラ:七筒 裏ドラ:一萬
西家
配牌:二萬・三萬・五萬・六萬・六萬・六萬・七萬・九萬・五筒・赤五筒・九筒・二索・西
(八索→西)(八萬→九筒)(七筒→二索)(中→八索)(八索→中)(赤五萬→八索)
(七筒→九萬)(三萬→二萬)(五萬→八萬)(四索→同じ)(七筒→七萬、立直)(五索→同じ)
(四筒→同じ)(八索→同じ)(五筒ツモ)
和了形:三萬・三萬・五萬・五萬・赤五萬・六萬・六萬・六萬・五筒・赤五筒・七筒・七筒・七筒 五筒

配牌で萬子が多かったですが、ドラが筒子ですし赤ドラが有るので、断幺九・ドラを最低でもあがれれば良いと思いました。
三萬はすでに切られていて南家が1枚持っていたので、三萬・五筒の双ポン待ちですが、あがり牌は残り2枚でした。
途中で南家が立直しましたが、七筒をツモってドラ3の勝負手だと思ったので、降りませんでした。

南家が5巡目に中を切って東家がポンして、南家は6巡目に二萬・三萬・四萬・四萬・五萬・六萬・一筒・二筒・三筒・一索・三索・東・東で聴牌しましたが、立直しませんでした。
おそらく、一・二・三の三色同順を狙ったのだと思います。
赤五索をツモ切りしていて、三色同順をあがりたいのかと思えば、一索をツモって三索切りで立直しました。
一索・東の双ポン待ちですが、東は北家が1巡目に切っていますし、一索は北家が1枚持っていますから、あがり牌は残り2枚です。
結局立直のみですから、これは南家がよくなかったと思います。
即立直していれば、赤五索で筋ひっかけになって、東家か北家が切った二索でロンあがりしていました。
高めというなら赤五索をツモった時点で一索切りで立直するのが良かったと思います。
この南家の立直のおかげで東家・北家は降りて、僕があがれたのだと思います。

テーマ : 麻雀
ジャンル : オンラインゲーム

MJ4evoで数え役満をあがりました。

半荘戦 東四局零本場 北家 ドラ:二萬 裏ドラ:一筒
配牌:一筒・四筒・五筒・六筒・七筒・八筒・九筒・四萬・六萬・東・南・白・発
(二筒→南)(八索→同じ)(八筒→東)(南→発)(八筒→南)(赤五筒→白)
(一索→同じ)親立直(中→同じ)(四萬→六萬)(八索→同じ)(三筒→四萬)(七筒→四萬)
(白→同じ、立直)(六筒ツモ)
和了形:一筒・二筒・三筒・四筒・五筒・五筒・六筒・七筒・七筒・八筒・八筒・八筒・九筒 六筒
役:立直・一発・清一色・一気通貫・平和・門前清自摸和・ドラ2

配牌から一気通貫でのあがりを考え、それに混一色か平和をつけたいと考えました。
親が平和・ドラ2で立直(満貫以上確定)して、その待ちは四索・七索の両面待ちでした。
その時点で僕の手牌は一筒・二筒・四筒・五筒・赤五筒・六筒・七筒・八筒・八筒・八筒・九筒・四萬・六萬で一向聴でしたが、清一色が見えていて突っ張ろうと思いました。
次のツモが現物で3枚切られている中なのでツモ切り、四萬をツモった時は四萬か六萬を切る訳ですが、とりあえずドラから遠い六萬を切りました。
八索は現物、三筒をツモった時に五筒を切れば一気通貫・ドラ1の聴牌ですが、清一色を目指して四萬を切りました。
次に七筒をツモり、三筒・六筒の両面待ち(六筒の嵌張待ちでもあります)の聴牌になりました。
僕視点でのあがり牌は3枚ずつの6枚ですが、実際には他家の手牌に三筒が2枚・六筒が1枚有るので、残りあがり牌は3枚でした。
これで三筒ロンでも清一色・平和・ドラ1の倍満で、六筒ツモなら清一色・一気通貫・平和・門前清自摸和・ドラ1の三倍満です。
僕は4位でしたが、1位とすごく大きい差が有る訳じゃないですし、とりあえず黙聴にしました。
しかし、考えれば僕の河は筒子で染めているのが分かりやすいですし、立直している親が切るかもしれないと思い、ツモ切りで立直しました。
すると、一発で六筒をツモり、裏ドラが乗って14翻で数え役満になりました。

親が早めに立直したので、南家・西家は回してから降りていましたし、手を作りやすかったです。
親の立直に振り込むときつかったですが、四索は他家が2枚、七索は他家が3枚持っていて、残り3枚のあがり牌をツモらなくて良かったです。

テーマ : 麻雀
ジャンル : オンラインゲーム

MJ4evoで大三元をあがりました。
南三局零本場:南家:ドラ南
配牌:一萬・一萬・一萬・四萬・三筒・八筒・一索・四索・七索・白・白・中・中
(発→八筒)(八索→四索)(七索→三筒)(北→同じ)(西家の白ポン→一索)(東家の中ポン→四萬)
(三索→同じ)(白加槓で南→八索)(南→七索)(六筒→同じ)(六索→同じ)(発→七索)
(赤五索→同じ)(四索→同じ)(二筒→同じ)(一筒→同じ)発ツモ
最終形:一萬・一萬・一萬・南・南・発・発 (白・白・白・白)(中・中・中) 発

配牌の時には混一色・白・中の満貫をあがりそうだと思いました。
発をツモり大三元・小三元を考えました。
中をポンしてからすぐに東家が発を切りました。
ドラの南をツモり続けた時に七索・南のシャンポン待ちにできましたが、跳満でなく役満をあがろうと思い、七索を切っていきました。
大三元でなくても混一色・混老頭・対々和・小三元・ダブ南・白・中・ドラ3の数え役満です。
発をツモれたのは良かったです。

配牌時に東家に発・中が1枚ずつ、西家に南・白が1枚ずつありました。
西家が何巡目かは忘れましたが南を切れば聴牌できましたが、切らず他の牌を切りまくっていました。
北家が11巡目に南をツモっていたので、南であがる可能性はほぼ無くなっていました。
残り1枚の発をツモれて良かったです。
東家が14巡目に断幺九・ドラの四萬・七萬の両面待ちで聴牌していましたが、四萬・七萬をツモらなくて良かったです。

テーマ : 麻雀
ジャンル : オンラインゲーム

MJ4EVOで字一色をあがりました。
南二局零本場 南家 ドラ:三筒
配牌:六索・九索・五筒・一萬・三萬・六萬・八萬・東・南・南・西・北・中
五萬→九索、白→六索、南→五筒、北→八萬、八筒→同じ、発→三萬
東→一萬、白→五萬、九筒→同じ、北家の白ポン→六萬、西家の北ポン→西、四萬→同じ
北家の東ポン→発、二筒→同じ、七索→同じ、六萬→同じ、西家の中ロン
最終形:南・南・南・中 (東・東・東)(北・北・北)(白・白・白) 中ロン

最初はダブ南・萬子の混一色の満貫をあがろうと思いました。
しかし、南が暗刻になり北が対子になったので、小四喜・字一色を考え萬子も切っていきました。
早くに西が2枚切られて、8巡目に東家が立直をしたので、小四喜を諦め西を切りました。
北家は降りるつもりなのか字牌を切ってきたので、どんどんポンしました。
東をポンした時に発・中のどちらの単騎待ちにするか迷いました。
どちらも1枚も切られていませんし、場の情報からはあがりやすさは変わりません。
そこで、白が4枚見えていて東家にロンされた時に裏ドラが乗らない発を切りました。
そして、西家の中をロンしました。

西家は6巡目にすでに聴牌していました。
三筒・三筒・二索・三索・四索・六索・七索・七索・八索・八索・八索・九索・九索の一盃口・ドラ2の八索の嵌張待ちです。
7巡目に四索をツモり八索を切って五索の嵌張待ちにしていました。
それで字牌を切っていったのだと思います。

東家は立直・赤ドラ1の三筒・六筒の両面待ちでした。
中が雀頭だったので、僕のあがり牌は残り1枚でした。
発は北家が持っていて東の次に切ったので、発の単騎待ちなら残り2枚でした。
しかし、誰も発をツモらなかったので、結果的に中の単騎待ちが良かったようです。

今回は北家が配牌で有った字牌をすぐに切らず中盤で切ってくれたのが良かったです。
東・白をポンできなければ、思うように手が進まず振り込んでいた可能性が高いと思います。
西家は聴牌していたので、北をツモ切りしてもおかしくないです。
どこかで字牌は序盤に切るかずっと切らないと決めるのが良いと書かれていた気がしますが、この局に関してはそう言えると思います。

テーマ : 麻雀
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

新快特急

Author:新快特急
鉄道・ゲームが好きな関西人です。
鉄道では主に関西私鉄や全国JRが好きで、ゲームでは主に遊戯王やポケモンなどの様々な卓上ゲームやテレビゲームをやっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。