スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2035年09月02日は本州で皆既日蝕を見られます。
この日は青春18きっぷの利用期間なので、普通列車での移動がしやすいです。
しかし、北陸新幹線の開業で乗れない線がある可能性があります。
皆既日蝕となるのは10:00頃なので、日蝕帯より遠距離から来るなら前日から移動して宿泊するか夜行列車に乗るかする必要があります。

日蝕帯の駅を調べます。
北端駅-中心駅-南端駅
北端無し-のと鉄道七尾線穴水-七尾線横山
信越本線米山-妙高高原-しなの鉄道線軽井沢
北陸本線直江津-親不知-福岡
大糸線糸魚川-根知-安曇沓掛
飯山線下条-飯山-豊能
上越線八色-沼田-高崎線北上尾
東北本線西那須野-石橋-蓮田
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線水戸-涸沼-鹿島線香取
水戸線友部-羽黒-小山
常磐線十王-岩間-北柏

北部
北越急行ほくほく線全線
烏山線全線
日光線全線
水郡線常陸大子-水戸

南部
吾妻線全線
両毛線全線
信越本線横川-高崎
八高線倉賀野-竹沢
成田線我孫子・成田空港-松岸
総武本線銚子-干潟
小諸線小諸-岩村田
篠ノ井線篠ノ井-西条
高山本線富山-千里
氷見線全線
城端線高岡-戸出

おすすめは両毛線・水戸線です。
この2つはほぼ皆既日蝕の中心帯に沿っています。
また、東京近郊区間なので、大回り乗車で乗れます。
本数はあまり多くないので、注意が必要です。
本数でいうと高崎線・宇都宮線・常磐線が良いです。
スポンサーサイト

今日は金環日蝕の日です。
西宮でも見られますが、日蝕眼鏡を持っていないので、梅田まで行きました。
梅田スカイビルの空中庭園では先着300人までに日蝕眼鏡の配付があり、大阪市立科学館では観望会が行われるという事で、梅田スカイビルに行ってもらえそうに無ければ大阪市立科学館まで行く事にしました。
初電である西宮北口04:36始発の普通梅田行きで行き、梅田スカイビルには05:10頃に到着しました。
徹夜したと思われる人などですでに行列ができていましたが、多く見積もっても100人だったので、並びました。
05:15を過ぎると人が増えました。
報道関係者も多く来ていて、展望台では録画したりインタビューしたりしていました。

曇りで太陽がよく見えず、日蝕の始まりは見えませんでしたが、すぐ雲が薄くなり、しばらくの間部分日蝕を見ました。
07:10頃からまた厚い雲に覆われて時々にしか見られず、金環日蝕を見れなくなるかもしれないと思いましたが、07:28頃の一瞬だけ雲が薄くなり、環状の太陽を見れました。
その後も時々見えて、08:00を過ぎてからは雲が薄くなり、終わりまで部分日蝕を見ました。
見られない所があるのは残念でしたが、たくさん見る事ができたので、行って良かったです。

04月からは更新頻度が遅れそうです。
大会にあまり参加できませんし、年度が変わり身の回りの事も変わるので、あまり書けません。
プロフィール

新快特急

Author:新快特急
鉄道・ゲームが好きな関西人です。
鉄道では主に関西私鉄や全国JRが好きで、ゲームでは主に遊戯王やポケモンなどの様々な卓上ゲームやテレビゲームをやっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。